八ヶ岳エスペラント館のあゆみ
2020年


このページの内容は主に "La Revuo Orienta" (以下ROと略す)の「八ヶ岳だより」を元にしていて、歴史的資料としてインターネット上に残しています。

RO 2020年1月号「八ヶ岳だより」

四半世紀を超えて—八ヶ岳エスペラント館は、
運動にもっと貢献したい

八ヶ岳エスペラント館は、1994 年に森田 茂も介すけ・洋子夫妻からJEI に寄贈されました。 その後、多くの方々の寄付で、館内の備品も そろい、また、八ヶ岳運営委員会が結成され て、当直を置いて利用者を増やし、また魅力 的な館の催しを行って、多くの人を呼び寄せ てきました。
しかし、受け入れの条件に「減価償却分の 積み立てはしない、使えなくなったら放棄す る」ということがあったので、今から10 年ほ ど前には、かなりの傷みも出てきました。使 えなくなったら放棄すると言っても、それは逆 に大変なことです。折角の貴重な寄付を、お 化け屋敷のような状態のまま放置してよいの かということです。たまたまその頃JEI に多 額の寄付をしてくださる方がいらっしゃって、 「八ヶ岳エスペラント館基金」も出来ました。 そのおかげで、エスペラント館の保全の長期 計画も立てることが出来、それに従って、最 初はかなりの大修理を、その後は計画に沿っ て保全活動を着々と進めています。
私は、1994 年当時から、エスペラント館 に関わり、今は運営委員長を仰せつかって いますが、この25 年間を見ていて、今が最 高の状態であるように思います。建物自身も、 保全が行き届いて、ピカピカと光っています。 館の内部も、きれいに磨かれ、必要な備品 は全て揃っています。また館はギャラリーとし ても使われ、常設の展示、あるいはエスペラ ント芸術家の作品展示と、本当に生き生きと しています。エスペラント館に入って電気をつ けると、その光の中で世界の人形が出迎えて くれ、そして25 年にわたって館を利用してき た方々の愛情が湧きあがってくるようにも感じ ます。
2019 年度は、利用者の目標を450 人に設 定して、これを上回る延べ536 人の利用があ りました。しかし、このうち140 人が委員の 利用(当直など)、その他、たまたま大きなグ ループでの参加があったり、長期間に利用が あったりした幸運もありました。総合的にこの 数字を考えると、八ヶ岳エスペラント館の大き な目標である「エスペラント運動に貢献する」 という点では、まだまだのように思えます。 運営委員会としては、各地のエスペラント会 の合宿などにもっと使ってもらい、真に「エス ペランチストのための、エスペラント運動のた めの施設」になってほしいと願っています。 今年は4 月5 日(日)から開館します。季 節ごとに様々な美しさを見せる八ヶ岳エスペラ ント館への訪問計画を、エスペラント会として、 また個人として、ぜひ立ててください。皆さん のおいでをお待ちしています。

八ヶ岳エスぺラント館運営委員長 堀 泰雄



Esperanto-Domo de Jacugatake volas pli kontribui al la movado Jam 25 jaroj pasis, post kiam gesroj Morita donacis la Domon al JEI en 1994. En 2019 la nombro de vizitantoj al la Domo estis 536, multe pli granda ol la celnombro de 450 en la laborplano, sed la D omo a nkoraŭ n e s ufiĉe k ontribuis a l la movado. En la venonta jaro pli multaj kluboj kaj pli multaj esperantistoj uzu la Domon por la progreso de nia movado.


お知らせ

★ 八ヶ岳エスペラント館 開館せず
本年は世界的なコロナ禍の影響で、日本でもウィルス感染が収まらず、八ヶ岳エスペラント館は大事を取って一年中 開館しないことに致します。
今年は 運営委員がていねいに建物保存措置をとって、来年の開館を迎えたいと思います。
皆さん、来年こそ、よろしくお願いします。

2020.10.24 八ヶ岳エスぺラント館運営委員会



あゆみのページに戻る
エスペラント館のとびらのページに戻る